ドイツ神童【ユスファ・ムココ】のプレースタイル!FIFA22で大注目!

神童_ユスファ・ムココ

FIFAワールドカップカタール2022。

日本代表の初戦は2022年11月23日(水)。

ドイツ代表との対決になります。

そのドイツ代表には、なんと選出当時は17歳のユスファ・ムココ選手が招集されました。

 ※現在18歳



この記事では、『神童』とまで呼ばれる、ドイツ代表ユスファ・ムココ選手のプレースタイルを大特集しています。



スポンサーリンク
目次

ユスファ・ムココのプレースタイル

ボルシア・ドルトムント所属し、ポジションはFW。

そんなムココ選手のプレースタイルを紹介していきます。

天性のストライカー

フォワードに適した能力を兼ね備えているムココ選手。

ペナルティエリアを問わず、ピッチのどこからでもゴールを狙ってきます。



そのシュートのコントロールや精密さも、大注目されています。

高いスプリント能力

非常に俊足であることでも有名なムココ選手。

加えてドリブル能力も高く、相手を振り切るスピードから小技まで使いこなせます。



このスピードと小技に加え、なんと、スタミナまで抜群。

ワールドカップ2022でも、そのドリブルスキルが見ものですね。


そんな神童ムココ選手が若くして見せる、ストライカーの片鱗。

そして、スプリント能力が凝縮された動画は下記よりご覧ください。

ユスファ・ムココ – 16歳のBVBストライカーのこれまでの全ゴール

スポンサーリンク




『神童』ドイツ代表のユスファ・ムココとは?

続いて、神童と呼ばれる、ユスファ・ムココ選手の経歴。

それを紐解いていきます。

カメルーンの首都・ヤウンデ出身

ユスファ・ムココ選手は、カメルーンで人口第2位の都市ヤウンデで生まれました

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる