衝撃画像【ボール内蔵チップの充電】はワイヤレス式!公式球が凄すぎる!

ボール内蔵チップの充電

FIFAワールドカップ2022。

日本はスペインに 2-1 で勝利し、見事にグループリーグ突破!

そして、この試合で特に注目が集まり『三苫の奇跡の1mm』と呼ばれる、三笘薫選手のこのプレイシーン。



ゴールラインを割っていれば、日本のゴールは取り消し…

しかしながら、VARチェックの結果インプレーだったことが認められました

この記事では、このVARに使われるボール内蔵チップと、その充電方法に特集しています。



スポンサーリンク
目次

ボール内蔵チップと充電方法

このボール内蔵チップと充電方法ついて、非常にわかりやすく説明されているツイートがあります。

AIに関する専門家で、この分野において非常に高い権威性を持つ、パスカル・ボルネットさん。

彼の投稿を元に紐解いていきます。

ボール内蔵チップ

ボルネさんの投稿はこちら。

Pascal Bornetさん
公式Twitterアカウント


直訳するとこう。

ハイテクなワールドカップ公式球が充電中!

今年初めて、各ボールの内部にモーションセンサーが搭載され、
リアルタイムのボール追跡と統計が可能になりました。
位置・速度・方向などを収集し、オフサイドコールで審判を支援します。


センサーチップ機能が埋め込まれており、試合中に様々なデータを収集している公式球。

その記述に、『ホークアイ』という名の映像で分析・判断できる技術も併せて使用されています。

これにより成り立つ、『VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)』。

VARがなければ、三笘選手のクロスはアウトオブプレーと見なされていたかもしれません。

1ミリ単位の制度で正確に計測できることにも驚きですね。

充電方法

先ほどの投稿画像の通り、公式球の充電はプラグを刺して行うものではありません。



向かって左端のボールの下に見える、黒い皿上のもの。

これはワイヤレス充電器。

これに載せることで、ワイヤレス充電を行っているんですね。

1試合で最低20個以上は、充電済みのチップ内蔵球を常備しているとのこと。

スポンサーリンク




まとめ

ボール内蔵チップやホークアイをはじめ、様々な最先端技術が取り入れられたワールドカップ2022




もしかしたら、野球などにも普及する日が来るのかもしれません。

この技術と共に、ますますの判定精度の向上にも期待がかかります!


また、全世界から、森保監督のメモに話題が集中しています。

それを特集した記事は、下記よりご覧ください。

【海外の反応】森保一監督のデスノート!ワールドカップのメモが話題!

あわせて読みたい
【海外の反応】森保一監督のデスノート!メモの内容「日本に不可能はない」 FIFAワールドカップ2022。日本代表は強豪国ドイツ・スペインを撃破し、決勝トーナメント進出を決めました。実は、この裏で海外でジワジワと話題になっていることがあり...
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる