対立はなぜ?【中国と台湾の関係性】をポイントだけに絞って解説!

中国と台湾の問題と関係をわかりやすく解説

2022年8月3日、アメリカのナンシー・ペロシ下院議長が台湾を訪問。



これに中国は強く反発し、軍事演習やミサイルによる威嚇行為を行い、大注目を集めました。

その理由は、まさしく台湾が中国にとって特別な関係であることを意味しています。

この記事では、そんな中国と台湾の問題と関係性をわかりやすく解説しています。



スポンサーリンク
目次

対立はなぜ?中国と台湾の関係性を解説

結論から言うと、国際的には、台湾は中国のいち地域という認識となっています。

しかしながら、現在はその認識と、台湾の国としての存在が一致していないのが事実。

昨今、中国と台湾の間で緊張が高まっているのは、下記の双方の想いが一致しないことが主な要因です。

✔ 中国は、台湾を統一したい
✔ 台湾は、中国から独立したい


なぜ、このようなことが起こっているのか。

ここに至った背景を、歴史を紐解きながら解説していきます。

スポンサーリンク




1949年に中華民国で内戦が勃発

日清戦争終了から、1945年の第二次世界大戦終戦まで、日本の統治下に置かれていた台湾。

それ以降は、中華民国へと返還されます。

ところが、今度は中華民国内で、国を挙げての大規模な内戦が起こってしまいました。

対立したのは、下記2つの政党。

✔ 蒋介石の国民党政府
✔ 毛沢東の中国共産党



この戦いで勝利を収めたのは、毛沢東が率いる中国共産党。

敗者である蔣介石が率いる国民党政府、そして、その支持者達。

彼らは台湾へ移動し、台北を新しい首都とします。

こうして、現在の中国=中華人民共和国、現在の台湾=中華民国の礎が形づくられました

現在の中国=中華人民共和国

中国共産党は、1949年10月に「中華人民共和国」を建国します。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる