実例【大谷ルールをわかりやすく解説】正式名称を知ると超ビックリ!

大谷ルールを正式名称もわかりやすく解説

メジャーリーグで二刀流として大活躍中の、大谷翔平選手。



この画像の通り、投手としても打者としても超一流の才能を発揮。

その大谷選手のため、2022年にメジャーリーグでは『大谷ルール』が導入されました。

そして、2023年。

メジャーリーグに続き、日本のプロ野球でも、この大谷ルール導入が正式決定。

この記事では、そんな大谷ルールを正式名称とともに、わかりやすく解説しています。



スポンサーリンク
目次

大谷ルールとは?わかりやすく解説

大谷ルールをわかりやすく、一行で表したものがこちら。

打順に入った先発投手が、指名打者(DH)として、降板後にもDHとして継続出場できるルール


つまり、大谷選手が先発投手として出場。

例えば、6回で降板した後、次はDHの打者として、試合に出場し続けることができるルール。

続いて、実例を交えて説明していきます。

スポンサーリンク




導入前と導入後の実例

この大谷ルールは、DH制がキーとなります。

そのため、まずは改めてDH制を説明したものがこちら。

攻撃専門の選手が投手の代わりに打席に立ち、投手は投げることに専念する制度


ちなみに、大谷選手が所属するロサンゼルス・エンゼルス。

エンゼルスのア・リーグはDH制を採用。

そのため、大谷選手の起用方法をこのように分けていました

大谷ルール導入前

大谷選手を、先発投手として起用した試合。



この時は、投手としての大谷選手が打席に立つことはできません。

そのため、なんとこの試合ではDH制を解除

そして、大谷選手を『1番・投手』として起用することもありました。

まるで、高校野球を観ているみたいで、心が躍るワクワクするオーダーですね。

大谷ルール導入後

同じく大谷選手を、『1番・投手』として先発起用した試合。

降板するまでは、大谷選手は打者兼投手としてのプレー。

そして、降板後は『1番・DH』として、プレーし続けることが可能になりました。



つまり、下記ルールを書き換えてしまったということになります。

✔ DH制は、試合の途中で復活させることが出来なかった
✔ 投手が降板後に打席に立つには、投手以外の守備位置につく必要があった



革命的なルール変更ですよね。

しかしながら、この『大谷ルール』が採用されても、このルールを使えるのは大谷選手ぐらい…

そして、日本プロ野球でもそう。

そういう意味でも、大谷選手がメジャーリーグのルールすら変えてしまった

そう言っても、過言ではないですね。

スポンサーリンク




大谷ルールの正式名称

世界的に有名な、英英辞書。

その中で、大谷ルールはこのように定義されています。

大谷ルールの正式名称

引用:dictionary.com|ohtani-rule



直訳すると、こう。

投手が打順で指名打者として割り当てられ 、マウンドで別の投手と交代した場合でも
指名打者として残ることを可能にするルール。


なにより、大谷ルールの正式名称が、そのまま『Ohtani rule(大谷ルール)』であることも嬉しいですね。

なんだか、日本人の名前がルール名になっているこを誇りに思えます。

そんな、大谷翔平選手。

この大谷ルールで、2023年もメジャーリーグで大暴れしてくれることを期待します!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる