【舞いあがれ!めぐみの駆け落ち理由】実際のセリフから徹底分析してみた!

舞いあがれ_めぐみの駆け落ち

NHKの連続テレビ小説『舞いあがれ!』。

放送も第7週に差し掛かり、登場人物達の過去が明らかになってきました。

そして、ヒロイン舞のお母さん、岩倉めぐみの過去も。

舞いあがれ_めぐみ_公式写真

引用:NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』|人物紹介|岩倉めぐみ



永作博美さん演じる、岩倉めぐみ。

第34回放送分で、夫の岩倉浩太との駆け落ちに至った詳細が明らかになりました。

この記事では、そんな『舞いあがれ!』のめぐみの駆け落ちについて、詳しく解説しています。



スポンサーリンク
目次

『舞いあがれ!』でめぐみが駆け落ちに至った経緯

過去の放送回から、駆け落ちに関するニュアンスや伏線はありました。

それらが、色濃く表現されているシーンや発言。

そして、駆け落ちに至った理由を紹介していきます。

舞の「お母ちゃんだって、お父ちゃんと出会って大学中退したんやろ?」発言

大学の人力飛行機サークル。

そこで、パイロットを務めたことで、いっきに旅客機のパイロットになりたいという夢が爆発。

大学を中退し、航空学校に入学したいと両親に直訴したシーン。



舞が現在通学している大学、その卒業を望むめぐみ。

反対された舞は、こう言い返しました。

「お母ちゃんだって、お父ちゃんと出会って大学中退したんやろ?」

舞の「ばんば、お母ちゃんが結婚する時、反対したん?」発言

五島列島を久々に訪れた際のこと。

哀川翔さん演じる木戸豪から、母の結婚は祖母が反対していたと聞いた舞。

祖母との食事の終わり際、そのことについて尋ねます。

朝ドラ「舞いあがれ!」
Twitterアカウント



「ばんば、お母ちゃんが結婚する時、反対したん?」

祖母の「なら、勝手にせい!二度と帰って来んでよか!」発言

その、あまりに突然でストレートな舞の質問。

ですが、高畑淳子さん演じる才津祥子(さいつしょうこ)は丁寧に答えます。


さかのぼること、1981年。

20歳の大学生めぐみと結婚させて欲しい、と言いに来た高橋克典さん演じる舞の父、岩倉浩太。

朝ドラ「舞いあがれ!」
Twitterアカウント



祥子は、大学を中退して、浩太の実家が営む町工場(大阪)の女将さんを務めたい、というめぐみの願いに反対します。

その反対を押し切り、浩太と一緒に大阪で生きていく、そう腹をくくっているめぐみに放った言葉。

「なら、勝手にせい!二度と帰って来んでよか!」


そこから、五島列島の実家を飛び出し、駆け落ち同然で浩太と結婚に至っためぐみでした。

スポンサーリンク




本当の意味での、祥子とめぐみの和解

話し合いを経て、舞の航空学校進学の願いを聞き入れた、めぐみ。

朝ドラ「舞いあがれ!」
Twitterアカウント



めぐみの浩太との結婚 ≒ 舞の航空学校への進学、という夢

きっとその2つが重なり、その姿を見ていた、めぐみの母・祥子が台所でこう語りかけます。

めぐみの結婚がきっかけとなり、2人が離れていた年月は、なんと14年間


祥子「私も聞いてやればよかった。あん時、めぐみの話ば、ちゃんと聞いてやればよかった。すまんかったねぇ」


このセリフで、既にウルウルさせられるのですが…

立て続けに、次のセリフで涙腺が崩壊。

祥子「めぐみは大阪で、ちゃんと幸せになったったいねぇ」


きっと、めぐみと祥子さんの関係が気になっていた方々。

その皆さんの、第7週における最高潮のシーンだったはず。

スポンサーリンク




まとめ

この記事では、めぐみが駆け落ちに至った理由をお届けしました。

めぐみと母の祥子との間にあった、すれ違い。

それを、舞がきっかけで埋められた14年の歳月。

朝ドラ「舞いあがれ!」
Twitterアカウント



今後とも、素敵な親子関係を末永く見せて欲しいですね。

あわせて読みたい
【永作博美の若い時】かわいい!24歳で演じた女子高生役もハマりすぎ! 2022年10月にスタートした、NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』。そのヒロインの母親役を演じる、永作博美さん。 この投稿をInstagramで見る 田辺エージェンシー(@tanab...
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる