なぜ【猫のサブスク運営会社】のら猫バンクの「ねこホーダイ」が炎上したのか

猫のサブスク、ねこホーダイが炎上

2022年12月23日、とあるサブスクサービスが炎上しました。

それは、『ねこホーダイ』という、猫のサブスク


ねこホーダイアプリ

引用:App Storeプレビュー|ねこホーダイ



月額380円(税込)の会員制サービスで、会員は追加費用なしで猫を譲り受けることができるというもの。

この記事では、なぜ、のら猫バンク社が運営する猫のサブスク、『ねこホーダイ』が炎上したのかを大特集しています。



スポンサーリンク
目次

のら猫バンクが運営会社の『ねこホーダイ』とは?

『ねこホーダイ』とは、株式会社のら猫バンクが立ち上げた、サブスクサービスになります。

公式ホームページでは、この『ねこホーダイ』の説明がこう謳われています。

「猫を飼うなら一生責任を持って面倒を見る」これは当たり前のことですが、それだと高齢者や単身者は中々飼うことができません。それならその「責任」を誰かが代わりに負えばいいのではないか、そんな思いで作られた「人と猫をつなぐプラットフォーム」それが会員制サービス『ねこホーダイ』です。

『ねこホーダイ』は月額380円の会員制サービスです。会員様は提携シェルターの猫を無料で譲り受けることができます。面倒な審査やトライアルもなく高齢者や単身の方でも大丈夫です。
また、会員様が飼っている猫を飼えなくなった場合に、提携シェルターに無料で引取ってもらうことができます。
その他にも『ねこホーダイ』会員限定コンテンツなどもご用意しております。

猫を飼うなら『ねこホーダイ』

皆様のご利用をお待ちしております。

【会費】
月額380円(税込み)

引用:のらねこバンク|ねこホーダイとは


ポイントはここ。

✔ 猫を譲り受けるにあたり、面倒な審査やトライアルがない
✔ 猫を飼えなくなった際、無料で返すことができる



猫のサブスクという形態、そして、このポイントもきっかけにSNSが炎上しました。

スポンサーリンク




なぜ、猫のサブスクが炎上したのか

やはり、サブスクサービスといっても、その対象が猫であることに抵抗を示す方々が多いです。

下記のように批判の声があがっています。

猫のサブスクに反対

『猫のサブスク』という響きから、猫カフェのサブスクだと想像された方もいた様子。







確かに、猫のサブスクなら、猫カフェに通えばいいという声も理解できます。

トライアルや審査がないのは、ありえない

ただでさえ、神経質な猫。

「猫は家につく」と言われるぐらい、環境が変わるだけでもストレスになってしまうデリケートな動物

そこをあげている方もいます。







やはり、どんな方かもわからない人に、預けられた猫の気持ちを考えてみて欲しい。

その気持ちも十分にわかりますね。

スポンサーリンク




今後、『ねこホーダイ』はどうなるのか

実際に、猫を飼うハードルが高いために、躊躇してた人に需要があるのはわかります

しかしながら、やはり譲渡の際に厳しい審査があるべき

そして、サブスクサービスという概念のもとに、猫の飼育がどうマッチするかの注目も集まります。

この先、株式会社のら猫バンクの見解や、『ねこホーダイ』サービスがどのように対応していくのか。

ますます目が離せません。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる