Skip to content

月別: 2020年2月

※ 本シーズンの営業は断念させていただきます

★重要なお知らせ★

 

本日2月15日、今シーズンの営業を断念(終了)せざるを得ないと決断いたしました。

オープンをお待ち頂いておりました皆様には大変ご迷惑をお掛けすることとなり、心よりお詫び申し上げます。

 

本シーズンは暖冬少雪で始まり、ここまで未曾有の気象条件となっております。

当スキー場では開場以来30有余年営業できなかったシーズンは一度もありませんでした。営業開始が遅れたシーズンは何度か経験したものの、開始後は大雪になるパターンも多かったこともあって「我慢して待たなければ」という状況が続きました。

しかし、降りそうな予報に期待しては裏切られを繰り返しながらあっという間にファミリーの方々にとってハイシーズンとなる2月を迎え、はや中旬となっています。

 

2月に入ってからは強い寒波の襲来予報に大いに期待し、営業規模を縮小してでも1ヶ月超の営業期間を想定しました。しかしながら結果としてはこの地域では雲の流れが薄く積雪につながらず、もうひと降りあればという状況が続くうちに寒波は去り、特に12日以降は途中暖かい雨が降ったこともあって予想以上に融雪が進行しました。

本日15日も気温は9℃まで上昇、昨日と今日は異常な早さで雪解けが進みゲレンデの風景が一変することとなっています。地温が下がっていないことや積雪が層にならず一気に積もった雪であったことから減る速さも予想をはるかに超えてしまいました。

下地がまた無くなったいま、今後の降雪を期待して待つことは現実的ではありませんし、ハイシーズンを逃してもただ待つだけということはリスクが高すぎるという判断もあります。

忸怩たる思いの中ではありますが、このような状況では諦めざるを得ず、この上なく残念ではありますが決断しなければならないタイミングとなったものです。

 

ここ数年間は「降らなさすぎ」「降りすぎ」などに翻弄され非常に厳しい道を歩んでおります。関係内外の皆様にご協力・応援いただきながら「仕切り直しのシーズン」に向けてまい進してまいりましたがそのスタートラインに着くことができないこととなってしまいました。

昨年来、新たなスキームの準備・転換も含めて関係機関との協議ご相談等も継続し経営環境の変化に対応しようと尽力しておりますが、本シーズンの影響はこれにも大きく影を落としつつあります。しかしながら、この事業が地域にとって、雪国新潟にとって必要であるという意識は変わらず強く持って努力を続けます。

 

最後になりましたが、シーズン前から大勢の皆様から励ましのメール・応援メッセージを頂戴しておりましたこと、この場をお借りして心より御礼申し上げます。

皆様からのお声は私どもの力になりました。さまざまな施策ご提案をいただきましたことも参考となりました。今後とも皆様と我々の思いをかたちにできるよう努力を続けてまいりますので、引き続きご指導・ご協力のほどお願い申し上げます。

 

202002151600

※本日2月15日16時現在のゲレンデです。一昨日の朝は「薄い部分に地肌が見えそうだ」という程度だったのですが・・・。

 

2月10日16時現在の状況。積雪量変わらずです・・・

2月10日16時現在の様子です。

今朝の新雪は5cm弱。降る予報はなかなか当たりません。未だ積雪30cmをいったりきたり・・・。

センター前の階段はまだ一番下の段が出ています。

ゲレンデは一面銀世界ですが、少し掘ってみるとこのように地肌が。今年の雪は駐車場から山腹辺りまでほとんど量が変わりません。

今日は昼まで青空。午後から時々雪。16時、晴れて小雪が舞っています。

20200210

 

昨年2月上旬と今日の比較。

上は昨年、下が今日です。例年入り口の高さまでゲレンデを掘る作業も多いのですが・・・ご覧のとおりです。

hikaku2

 

駐車場からのエントランス。

左が昨年、右が今日です。

屋根の雪が落ちることもあって窓の高さを超えると何度も掘り下げますが・・・

屋根から落ちた雪ですらほんの小さな山にしかなっていません。

hikaku1

 

追い討ちをかけるように今後の気温上昇予報です(泣)

この後積もるのか、減るのか、積もったとしてどこまで消えずに保てるのか、・・・・・・

また、経験上この雪は溶け出すと早いと感じています。

・・・・・・オーバーヒート、頭のてっぺんから湯気が・・・

202002101400

 

多くのお客様から温かいお言葉をかけていただき、本当に申し訳ない気持ちで一杯です。

T市のHさん、先ほどは差し入れまで頂きありがとうございました。元気出ました!

積もりそうで積もりません

週末に向けての降雪予報で「やっと!」と期待されていた方も多いと思います

この2日間、これまで降らなかった分が一気に?という感じのようでしたが、現状積雪量は自然積雪で平均15cm程度、今回は里雪型?で、上に行けば多く積もったという感じでもありません。

現状この積雪量ではこの週末の営業は不可能です。

現在出ている最新の予報では、今日はこの後の降雪は見込めず、日が変わってから再び雪になるということです。

 

最強寒波・・・結果としてその恩恵は少ないままです。

今年の少雪は全国的な傾向で推移し、新潟県でも多くのスキー場が悲鳴を上げ・・・2月に入ってやっと本来の冬の様相に。

エリアによっては本当に大雪となったようですがここ下越は、感覚的にはあくまでも平年並みの数日間。

下地があれば冷えて雪質も良く、“今日も新雪!”なのでしょうがゼロからの(それ以下ですね、ぬかるみの上からなので)スタートではこの量ではまだまだ不足です。

センター前ゲレンデ。一昨日の風で薄い部分(風で雪が飛ばされた部分)では5cm~10cm、平均して15cm程度です。

夜明け前はマイナス7℃近くまで冷えており、8時過ぎでもマイナス5℃!午前中は雪予報が出ていたのですがなぜか青空が拡がっています・・・

202001070710

 

一面雪景色で遠目には万全にも見えますが・・・

この量ではちょっと歩くだけでまだ地表が・・・地面が出たところに陽が差すと一気に溶け始めてしまいます。

これではスノーモービルですら坂では雪をかいて耕してしまうことに・・・。

202001070730

 

今朝のエントランスです。例年は毎朝のように数人がかりで雪かきをしなければなりません・・・が、

今シーズンは雪かきの必要が無いまま2月に。いつもだと雪を投げる場所が高くなりすぎて何度も重機で崩すのですが。

202001070720

 

雪雲の流れかちょっとした標高の差か、過去“雪が少なめのシーズン”も、「セーフラインよりギリギリ上」で推移してきたことが多かったとも思います。

が、今シーズンはこの時期になっても「ギリギリ届かない、ちょっとした差なのに!」というところから抜け出せないという初めての本当につらい経験です。

 

軽い雪ですが再び雪景色に

ここのところ、白くなっては消えてまた白くなっての繰り返しでした。

昨日も朝は駐車場も白くなってたのが午後には溶けて真っ黒に・・・そして夜半からまた静かに雪が降り始め・・・。

夜間全く風が無かったこともあって、朝までにふわっとした軽い雪がスキーセンター前で10cmちょっと積もっています。

ただ本当に軽い雪で屋根からドサッと落ちることもなく、長靴で歩くとやはりぬかるんだ地表まで一気に沈むような、手で押すだけで10cmが2~3cmまで圧縮してしまう綿菓子のような雪です。

粒の大きい重い雪で下地が固まらないと、ですね。

202002040720

 

見た目はイイ感じに見えるのですが。

202002040750

今日は日中はほとんど降らず、夜から明日または明後日にかけて寒波襲来、雪予報です。明日は暴風雪予報も出ていますが強風となりませんように。

 

2月です・・・雪は降っています

2月1日AM11時の様子です。

昨夜半結構良い降りになっていたので、「予報は最大5cmだけどもっと積もるのではないか?」とも考えたりしていましたが・・・結果、平均5cmがやっとでした。

ゲレンデ下部では“白く見えるが長靴の足跡は地表”といった具合です。

午前中も降ったり止んだりですが朝からなかなか景色は変わらず。

2020020110

 

2月1日時点の積雪量は過去10年平均だと207cm。

開始が記録的に遅れた2016と2017シーズンもこの時期には150cm以上は積もっていたんです。

今までだと2月1週以降どんどん積雪が増えるパターンが結構あったんですが今後はどうでしょう・・・

sekisetsusuii

 

特にスキー場関係者を中心に閲覧回数が異常に高くなっているのではないかと思われる各種気象予報サイト。

その中でウェザーニュースさんの予報はこんな感じです。

大きな雪ダルマに化けてくれると良いのですが。

20200201

Copy Rights (C) わかぶな高原スキー場 All Rights Reserved.