Skip to content

月別: 2020年1月

シーズン券/前売り券の対応に関しまして

本当に前代未聞の異常な気象です。
このスキー場ができて33年経ちますが、今まで少雪は何度も経験したものの、まさか1月下旬になっても営業できないなんてことはもちろん、この時期このような天候は想定外のことです。
過去営業開始が最も遅れたのは3年前の2016-2017シーズンだったのですが、これまでは遅れたシーズンは一気にドカ雪というケースが多々ありました、が、今年はその気配もなかなか現れません。

 

★シーズンパスや前売りチケットをお買い求めいただいた皆様に

 

シーズンを楽しみに待ち続けていただいている皆様におかれましても相当なフラストレーションをお抱えのことと思います。
我々としてもかつて経験の無い事態であり、スタッフ一同慎重に協議いたしました結果、以下の対応とさせていただきたく存じます。

 

ご購入いただきました本シーズンのシーズンパスならびに前売り1日券につきましては、
次シーズンも有効とさせていただきます。(現時点では営業開始見込みが立たない状況ですが営業が開始できればもちろん本シーズンも御利用いただけます)
詳しくは公式ホームページの「最新の話題とお知らせ」をご覧ください。
以下が本件判断に至った経緯です。

 

①ホームページにおいて毎日情報を更新しておりますが、現在のゲレンデは「積雪ほぼゼロ」の状況です。
②週間予報では今週火曜日と金曜以降に雪マークも出ていますが、「時々雪」程度であり大雪予報とはなっていません。
※この状況から、1月中に営業できる可能性は極めて低いと考えております。

 

③1月24日に気象庁から発表された3ヶ月予報において、2月については
1)天候:平年に比べ曇りや雪または雨の日が少ないと思われる
2)気温:北・東・西日本で高い確率50%
3)降水量:北・東日本日本海側で平年並または少ない確率40%
と記されています。
もちろん予報は予報、これまで当たらなかったことも修正されたこともありますが、根拠のあるプロの予報をまるっきり疑ってかかることはできません。
※この状況は、営業方針・経営方針にも関わる事態でもあります。
ここ数年悪い気象条件が続いたため、感覚的には「そろそろまともな、もしかしたら大雪のシーズンになるか」と期待もしていたのですが・・・
2016シーズン、2017シーズンの2年続いた降雪遅れの後、2018シーズンは降りすぎ、昨2019シーズンは降らなさすぎ、と、大きなハンデを蓄積してしまっての仕切りなおしの2020シーズンのはずでした。
いくつもの課題に挑みながらギリギリの状態で準備を行ってまいりましたが、12月にもなかなか雪が降らず、年末前には「早くて年始の休暇終了ごろに一部営業可能となるかも」と覚悟しなければならなくなり、その後も降雪状況が一向に好転しない日々が続くこととなりました。
何度も何度も計画を変更し、対応作業に追われ、毎朝毎朝夜が明けたゲレンデの景色にがっかりし・・・

当初クリスマス前には営業開始という前提の計画が駄目になり、年末年始延々デスクワークで年始休暇後に営業開始した場合の修正計画に変更、その後これも意味を為さなくなり、毎週のようにシミュレーションやデータ分析にてどうやってカバーできるかなどに悩み挑み続けていました。
しかし、大寒を過ぎ本来ならば最も雪が多い時期に無雪状態で突入。

 

どのスキー場でも同じ悩みを抱えていることと思いますが、採算がとれるか、体力は持つのか、お客様はまだ動いていただけるのか、といったことを慎重に考えなければならなくなっています。雇用や仕入れなどへの影響も多大です。
様々な選択肢をひとつひとつ真剣に考えなければなりませんし、場合によっては「ある時期までこの状況が続けば今シーズンの営業をあきらめる」ことや、「最低限の縮小営業」などもその選択肢のひとつとなってしまいます。

 

など、明るい雪景色の無い冬はついつい暗いことに悩んでしまいますが・・・

 

諸作業にデータをひも解いている中で「ん?」と感じたことがありました。
地球温暖化問題は確かに大きな問題ですが、個人的にはこの気象変動は温暖化というより「良くも悪くも異常が多い」昨今の状況だと思ってきました。
気象庁のデータは素晴らしく、全国の観測地点での膨大な過去データが公表されています。
この地域では山ではなく中心街の「下関」での観測データですが、これをグラフ化してみると以下のようになります。
年ごとの冬季間降雪量の累積数値と、最も積もった日の積雪量のグラフです。

Shimosekisekisetsu

 

どんどん右肩下がりに雪が減っているわけではなく、大きな波があることがわかります。
極端に雪が少なかったのが1993年と14年後の2007年、そしてそれから13年後の今年2020年。なんとなく周期に見えますし、もっといえば大きなM字の繰り返しにも見えます。
あくまでもオカルトチックな話ですが・・・。この谷を越えるとしばらく降るんじゃ無いですか!?

 

ただ、今日現在の下関での累積降雪量(2019年11月1日-2020年1月26日)は29cm。

平年値の286cmに比してたったの10%・・・・・・ショックです。

たった一日でゲレンデが・・・

異常な冬です。

昨日から土砂降りが続きゲレンデ下部はたった一日で写真のような状態に・・・。

我々にとってもこんなことは初めての経験です。他のスキー場の方とお話させていただいたりしますが、多くのスキー場が悲鳴を上げています。

お客様からも、「天気には勝てないししょうがないよね、頑張って」とのお声もいただくものの・・・、

子どもたちの参加率が上がり少しずつ裾野が拡がって来たこのエリアのお客様のモチベーションが下がらなければ良いのですが。

4days

 

現時点での予報(今夜半から一週間)はこのようなものとなっています。

もちろん突然変わることも多々ありますが、このまま予報どおりですと3連休も積雪が期待できない状況です。

yohou0110

 

今シーズンに向けては、体力・知力を限界まで使って準備をして来ましたが、このような過去最悪の気象条件になるとは・・・。

営業準備には効率を考えながら作業を行い、積雪予想で営業開始が読めてきた段階で一気に動きたいと我慢しているのですが・・・未だ我満が延々続いています。

シーズン計画なども見直しながら、逐次状況や対応をご案内させていただきます。

 

1月5日8時現在の状況です

【1月5日8時現在の状況です】

昨日の日中は時々雪にもなっていましたが、夕方には駐車場の雪も溶けてしまい・・・やっと日暮れから徐々に雪となりました。

24時をまわった頃から一時強めに降ったこともあり、ご覧のようにまた一面美しい雪景色に!・・・なったものの・・・

夜明け前に雪は止み、積雪量としてはスキーセンター前で20cm前後にとどまっています。

地面が凍っていない上の積雪という事もありまだまだ足りない状況です。

このスキーセンター前で、整備前の自然積雪量として少なくとも40cm以上が営業に向けて必要な積雪量なんです。

IMG_0849

IMG_0848

1月4日10時現在の状況です

【1月4日10時現在の状況です】

断続的に降雪は続きましたが、地表に落ちると溶けるような雪質で、積雪は増えるどころか若干減ったような状況です。

IMG_0833

一見するとずいぶん積もっているようにも見えますが・・・水分を含んだ雪で、実際にはやはり歩くだけで底着きしてしまうほどしかありません。

IMG_0827

今シーズンはエリア全体で降雪遅れが続いており厳しいシーズンインとなってしまいました。

下越エリア5ヶ所のスキー場のうち、ニノックスさんのみ昨日から営業を開始しております。(ナイター営業はゲレンデ状況不良により中止とのことです。)

1月2日15時現在の状況です

【1月2日15時現在の状況です】

多くのお問い合わせありがとうございます。

断続的に雪が続いていますが、積もった雪を減らすような、水分を多く含んだ雪です。

ゲレンデ状況としては変化は無く、山ろくスキーセンター前では8cm、歩くと足跡は地面が出てしまいます。

202001021500

 

2020010215002

現時点での天気予報では明日は雨になるかもということで、残念ながら十分な積雪となるにはまだ時間を要しそうな気配です。

 

新年明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

202001011000

12月下旬発表の気象図等からある程度予測はしていましたが・・・2020シーズンは残念ながら県内外多くのエリアが少雪でスタートとなってしまいました。

年末年始に帰省等でウィンタースポーツを楽しみにされていた方々にご参加いただけないことは残念ですが、地域の方々には今しばらくお待ちいただき、各スキー場が営業開始となれば我慢した分存分にスキー・スノーボードをお楽しみいただきたいですね。

 

1月1日10時現在。写真に写すと一面銀世界なのですが、歩くと長靴の跡に地面が出るような状態です。

“時々雪”予報も続きますが、残念ながら現時点の予報では数日で一気に増えるような雰囲気ではありません。

暖冬傾向と言われた年も、低気圧が強ければ水温が上がった日本海の水蒸気で大雪になることも多々あるんですが。とにかく強い寒気が下がってきてもらえれば、です。

 

2019年は各地の台風被害をはじめ、つらいことも多くあった年でした。我々も多くの課題を抱え、ひとつひとつに向き合ってきましたが、たまたまいただいたこの時間を無駄にしないよう準備を進めています。

2020年が良い年になりますように。

Copy Rights (C) わかぶな高原スキー場 All Rights Reserved.